豊川市老人クラブ連合会

1 豊川市老人クラブ連合会(豊川市老連)とは?

 豊川市内の概ね町内ごとにある単位老人クラブの連合体です。
 60歳以上の方の健康増進、会員相互の親睦および地域福祉の推進のための事業等を実施しています。

2 老人クラブの加入条件はありますか?

 60歳以上の方ならどなたでも、地域の単位老人クラブに加入できます。退職後の地域とのつながりからもヤング・オールド(若年高齢者)の加入を呼びかけています。

3 どんな活動をしていますか?

 豊川市老連では、市内の老人クラブに加入されている方が、健康で充実した生活を送り、地域社会で長年培った経験を生かせるような活動を支援、実施しています。

(1) 教養・知識を高める活動
 ア 高齢者大学
   毎年、市内の各中学校区から1地区ずつ、地区ごとに7講座を企画していただき(内2講座は市老連主催)、知識や見聞を広げ教養を高めています。

(2) スポーツの推奨・健康増進のための活動
 ア 各種スポーツ大会
   豊川市老連には、ゲートボール部、グラウンドゴルフ部及びペタンク部があり、年に数回チームあるいは個人が日ごろの練習の成果を競っています。県大会にも出場しています。
   
 
 イ 高齢者スポーツまつり
   毎年、10月末に市内の各中学校区ごとにチームを構成し、スカットボール、じゃんけんドリブル、かっぱレース、玉入れ等の競技を楽しんでいます。諏訪保育園の園児さんにも参加していただき、交流を楽しんでいます。

(3)心豊かに親睦を深める活動
 ア 芸能活動
   豊川市老連には、民謡部、詩吟部、カラオケ部、歌謡部、及び社交ダンス部があり、ゆうあいの里夏まつりへの参加や、毎年12月初めに開催する芸能大会へ出場し、日ごろの成果を披露しています。
 
 イ 文化活動
   豊川市老連には、囲碁将棋部、茶華道部、陶芸部、書道部、園芸部、歌道部、及び女性部があり、親睦を図りながら腕をみがき、大会への参加、各種イベントや学校行事への参加、趣味の作品展への出品等、幅広い活動を行っています。

(4) 地域との交流を深める活動
 ア 三世代交流活動
   豊川市老連では、単位老人クラブに助成金を交付し、各地で三世代の交流を図るための事業を実施していただいています。
 内容は地区ごとに異なりますが、子ども会や町内会の協力を仰ぎ、グラウンドゴルフ大会、ラジオ体操、運動会、清掃活動等を通じ、地区の交流を図っています。
 
 イ 寝たきり高齢者友愛訪問
   単位クラブの会員で、寝たきりのため家族介護を受けておられる方もいらっしゃいます。こうした方に対し、会員が訪問し、元気づけ励ますための訪問活動を実施しています。
 
 ウ 全国一斉「社会奉仕の日」への参加
   全国老人クラブ連合会では、毎年9月20日を「社会奉仕の日」と定め、単位老人クラブが、清掃活動、美化運動、廃品回収等を通じて、地域社会への感謝と奉仕の気持ちを表しています。
 
 エ 地域社会の安全を守る活動
   小学生の登下校の安全を守るために、町内会と協力し、通学路の立ち番をしたり、下校時の安全活動等を実施している地域もあります。

___

Copyright(c) 豊川市社会福祉協議会 2002 All Rights Reserved

もどる